体外受精 確率

z体外受精の確率について

Home ≫ <個別記事タイトルタグ>

zメニュー

不妊治療の体外受精について一般的な


不妊治療の体外受精について

一般的な不妊治療のステップとして、まず医師の指導のもとで実施する「タイミング法」があります。

これは、提出した基礎体温のグラフをもとに、妊娠しやすい日を医師が割り出し、その日に合わせて子づくりを行うというものです。


保険が効く治療法ということや、身体へのダメージなどがほぼない治療であるため、多くの方がまず利用する不妊治療です。


その後は人工授精へと進んでいきます。

それでも残念ながら妊娠に至らなかった場合は、体外受精を行うことになります。


体外受精とは、排卵前に取り出した卵子と、事前に採取しておいた精子を用いて行います。

通常体内で行う受精を体外で行うものです。

採卵のために採卵手術を行うので、女性にとっては少々ダメージのある不妊治療ではありますが、受精が正常に起こったことを確認し、順調に育った良好胚を体内に戻すことにより、高い妊娠率が期待できます。


これまでに、体外受精によって誕生した出生児は、全世界で400万人以上となっています。

それだけメジャーな治療法ということの証明であり、成果が期待できるものなのです。


なぜこれだけ成功率が高いのかというと、確実に受精させることを確認してから、体内に戻すからです。

その後はほぼ正常に妊娠が成立することがほとんどです。

ここがそのほかの不妊治療とは異なる点です。


人工授精の場合は、受精が正常に起こったかどうか、確認することができません。

こういったことが女性にとってストレスになることも多く、それが妊娠に悪影響を及ぼすことも少なくないことから、年齢に関わらず、不妊治療を初めてすぐに体外受精を希望する方もいます。

また、高齢での初産に臨む場合は、卵子の機能が低下していることもあり、他の方と比べて条件が悪いということは否めません。

そのため、その他の治療を早めに切り上げて、すぐに体外受精へと進む方も多いです。


女性には妊娠のリミットがあることが現実です。

自分にとって最善のステップを、医師や家族と相談しながら選ぶことも、治療を成功させる秘訣といえるのです。


また、治療には費用がかかります。

そういった兼ね合いもあるので、長く治療を続けることができないケースもあるでしょう。


そうであれば、はじめから確率の高い、確かな治療法を選択するのも、間違いではありません。


こうした治療と並行して、自然妊娠の可能性も諦めずに、できるだけ身体を冷やさないようにしたり、漢方やサプリメントを服用するなど、身体のケアも行っていきましょう。



体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、

zメニュー


TOPPAGE

Copyright (c) 2015 体外受精の確率【体外授精】017 All rights reserved.